今まで倒したタブンネの数を僕等はまだ知らない

ポケモンの具体的な調整案を紹介している個別育成論メインのブログ、ポケモンのデータ的なものや最新情報などをまとめたりもします。                   コメントは大歓迎、対戦や交換、相互リンクも募集しています!リンクはフリーですが一声かけてくれると嬉しいです!現在、トップ絵を募集しています。






タグ:とつげきチョッキ

ドリュウズについて 第五世代では特性:砂かきを活かした物理エースとして活躍し、カバドリュの対策は必須と言われていた。しかし、第六世代では天候ターンが固定化したため、砂パの数そのものが減少しそれに合わせてドリュウズの数も大幅に減少した。そんな激減したドリュウ ...

タイプ、特性、覚える技が優秀なポケモンで、第五世代では竜舞型やビルド型など積み技を使う型が主流でした。しかし、今作においてフェアリータイプとファイアローが登場したことにより、第五世代の頃より全抜きしにくくなり、個体数も減ったように感じます。そんな、ズルズ ...

フェアリーの追加と腹太鼓+アクジェが可能になったことで対策必須と言われるまでになったポケモン。腹太鼓オボンが一番メジャーですがその次に多いチョッキ型の調整を考えました。HAベースの型マリルリ 意地っ張り @突撃チョッキ実数値:205-110-101-×-102-73努力値:H23 ...

ニンフィアに関しては眼鏡の調整(直リンク)を既に考えましたが、突撃チョッキの調整も考えました。特殊耐久は全ポケモンの中でも高い部類に入るので突撃チョッキを活かせるポケモンの一匹だと思います。どのくらい硬くなるのかというとH252振りニンフィア@チョッキの特殊 ...

突撃チョッキの効果は補助技が使えない代わりに特防を1.5倍にする道具。なので技構成がフルアタになりがちな高耐久のポケモンに採用したい道具ですね。色々なポケモンが該当しそうですが数ある中でも零度スイクンに持たせた調整案を考えました。━─━─━─━─━─━─━─ ...

このページのトップヘ