今まで倒したタブンネの数を僕等はまだ知らない

ポケモンの具体的な調整案を紹介している個別育成論メインのブログ、ポケモンのデータ的なものや最新情報などをまとめたりもします。                   コメントは大歓迎、対戦や交換、相互リンクも募集しています!リンクはフリーですが一声かけてくれると嬉しいです!現在、トップ絵を募集しています。






カテゴリ:ポケモン単体考察

スカーフ型や襷ステロ型が一般的な霊獣ランドロスですが、今回は鉢巻型の紹介です。AT型なら様々な相手を上から叩いたり、苦手な相手から蜻蛉で撤退できるのでスカーフ一択みたいな風潮がありますが、鉢巻も十分選択肢になるということを知ってもらえれば幸いです。HAベース ...

フェアリーの追加と腹太鼓+アクジェが可能になったことで対策必須と言われるまでになったポケモン。腹太鼓オボンが一番メジャーですがその次に多いチョッキ型の調整を考えました。HAベースの型マリルリ 意地っ張り @突撃チョッキ実数値:205-110-101-×-102-73努力値:H23 ...

電気、飛行という優秀なタイプと広い技範囲が特徴のポケモン。特殊技弱体化という逆風を受けて個体数は少しばかり減っていたのですが、最近になって個体数が急増しシングルレートでの使用率が12位になりました(シーズン4、5/23日現在)。前回はATである眼鏡型について考 ...

しばらくの間なにも投稿していなかったので、最近育てた夢ポリ2について紹介します。第五世代にも一応育てたのですがそのまま流用するのはどうかと思い、第六世代の環境に合わせて調整をしなおしました。HCベースの型ポリゴン2  控えめ @進化の輝石 特性:アナライズ ...

メガ進化することで火力、耐久の上昇とドラゴンタイプを手に入れ、使い勝手が幾分か良くなったポケモン。他のメガ進化ポケモンを割いてまでこいつを入れる必要がないと判断されているのか使用率は低め。そんな、メガデンリュウですが電気+竜の技範囲は非常に良く、高い耐久と ...

物理耐久の高さと特性:防弾に目が行くポケモン。光合成を覚えるのと、物理受けという役割を遂行するのにゴツメとも相性がいいのですが、今回は宿木とニードルガードと相性のいい食べ残しを持ったブリガロンを紹介します。HBベースの型ブリガロン 腕白 @食べ残し 実数値 ...

メガ進化という新たな選択肢を手に入れ強化がなされたポケモン。技範囲の広さが売りで大体のポケモンに対して抜群を取れる。メガバナやメガリザのような露骨な強さはないが安定した強さを誇る。バランス型メガカメックス 控えめ @カメックスナイト 特性:メガランチャー ...

メガ進化という選択肢があるサーナイトのスカーフ型の紹介です。ガルーラやクチートみたいなメガ進化に頼らないと使っていけないポケモンではないので、スカーフも一つの選択肢なのではないかと思っています。しかし、メガサーナイトに比べ特殊火力や特殊耐久といった点では ...

輝石を持つことでかなりの防御力を確保できるポケモン。ポリ2やラッキーほどの個体数は無いものの少なからず使われています。そんなイノムーを興味本位で使いたくなったので育成論を考えることにしました。まだ使ったことがないので机上論です。HBベースの型イノムー 呑気 ...

進化方法が独特、固有タイプ、特性:天邪鬼をもつ珍しいポケモン。天邪鬼馬鹿力ができる貴重なポケモンなのでそれを活かせるようにSを補いABを先制で挙げていく、スカーフ型について考えることにしました。火力は補正なしA252振りで実数値144しかなく、技の威力も馬鹿力以外 ...

前回の投げガルーラ考察の際にコメントで特殊型の方が使えるのでは?というコメントを幾つか頂いたので物理ではなく特殊での調整を考えることにしました。後、純粋に自分が特殊ガルーラを使ってみたかったというのもあります。地球投げの考察は前回の物理型を紹介する際に行っ ...

♂と♀で夢特性や覚える技が異なる珍しいポケモン。♂は特性:悪戯心であり両壁、欠伸、電磁波を使えることからPTの補助役に向いてる。ファスガ、神秘、猫だまし、手助けも覚えるのでトリプルで主に活躍している。♀は♂が覚えないアシストパワーを使えるのでそれを活かして ...

メガ進化のおかげで全抜き性能が更に上昇したのと、ゴツメ型の増加により個体数が大幅に増えたポケモン。活躍の幅が広がった反面、対策がなされていることには注意が必要。耐性の変化についてメガ進化するポケモンの中で最も進化するタイミングの見極めが重要なポケモン。耐 ...

夢特性:影踏みを没収された代わりに、夢特性:すり抜けに変わったポケモン。ゴーストが鋼に等倍になったおかげでクレセドランを幾分か見やすくなった。◎シャンデラの追い風・半減できるタイプにフェアリーが追加された・ゴーストが鋼に対して等倍になった・夢特性:すり抜 ...

メガギャラに次いで多いゴツメ型の紹介です。耐性や特性も受けポケモンとして十分な資質を備えているので活躍できます。ただし、耐久にほぼ全振りすることになるため火力が乏しくなるのが残念なところ。HBベースの型ギャラドス 腕白 @ゴツゴツメット実数値:201-145-143- ...

砂あらし、あくび、吹き飛ばし、ステロなど起点をつくることに特化したポケモンであり、根本的には第五世代とやっていること変わらないです。変わったことは砂ターンが5ターンになりドリュウズが環境から一気に減ったこと。このドリュウズの減少に伴いカバも消えるのではな ...

タイプ変更でフェアリータイプになってから個体数が大幅に上昇したポケモン。主に小さくなるや瞑想をガン積みするのが基本的な動きであり、対策を怠れば全抜きされることもある。マジガや天然などの強力な特性を兼ね備えるところが厄介であると言える。そんなピクシーをPTで ...

鉢巻がメジャーな型なのですが、その次に多いゴツメ型の紹介です。単純に面白そうなので一度は使ってみたいと思い、調整を考えました。ゴツメファイアローとは?ファイアローって言ったらアタッカー一択だろ?という人のために説明します。知ってる人は調整案へ、長い文章を読 ...

弱点が草のみ、半減・無効6つのタイプ耐性が売りのポケモン。今作で特殊弱体化やメガバナの出現というデメリットがある一方で、ファイアローといった仮想敵の出現や電磁波無効の仕様変更がなされたので一長一短。そんなスカーフロトムを急遽PTで使うことになったので調整を ...

メガ進化という新たな選択肢を得たことで大幅に強化されたポケモン。攻撃種族値A185から放たれるスキルリンクミサイル針が非常に強力。ギルガルドとファイアローの存在が気がかりだが、それらのケアをすれば十分な活躍が可能。メガヘラクロスの強み・攻撃種族値185・特性:ス ...

第五世代に登場した600族でほぼ全てのポケモンの後出しを許さない技範囲が売り。今作においてフェアリーが4倍弱点になったことでラティオス共々消滅すると考えられていたが、ギルガルドという相性のいいポケモンの登場により個体数が第五世代よりも増えた。鋼に悪技が等倍に ...

第五世代では対天候パ枠として活躍していたポケモン。第六世代ではメガ進化により天候を2重に上書きできることと攻撃性能が上がるので注目されてはいたが、現在は雨パ、砂パが消滅し、それに伴いユキノオーの需要も減少してしまいました\(^o^)/そんなメガユキノオーですが ...

耐久よりの種族値でなおかつ耐性も優秀な受けポケモン。ステロだけでなく欠伸、吠えるなどを揃えておりこの点はカバに似ている。第五世代の調整だと運用しにくいように感じたので調整しなおします。ステロ撒きラグラージの強み・種族値が比較的優秀(H100 A110 B90 C85 D90 S ...

素早さと特防の高さと特性:ヘドロ液が売りのポケモン。現環境で活路が見いだせそうなので考察します。まだ育てていないので机上論です。ドククラゲの強み・新タイプのフェアリーに対して強い・水タイプでありながら草タイプに対して強い・特殊受けのポケモンの中でSが速い( ...

根性型のイメージが強いリングマですが、今回は早足リングマの紹介です。リングマも特性:早足も未知数ですが理想個体を手に入れたので考察しようと思います。リングマの種族値(早足ありなし比較)     H A B C D S リングマ 通常時 90 1 ...

第六世代で防塵の強化、悪技が鋼に等倍、物理ポケモンの増加を受けて個体数が飛躍的に増えたポケモン。種族値はクレセリアを一回り弱体化させたような感じですがB特化するとヤドランより硬くなります。今回はそんなバルジーナのメジャーな型であるゴツメ型を紹介したいと思い ...

コメント欄で想定する必要ないものを想定する必要があるのかと指摘されたので、新しく調整をし直しました。これで少しは使いやすくなったと思います。他にもレイアウトの変更と調整ラインの欄の項目が増えました。それと、どうでもいい豆知識ですが現時点(シーズン3の3月4日 ...

第六世代において強化されたポケモンの一匹であり露骨に採用率が増えた。ゲンガーはメガ進化しなくても十分戦えるため、三体に一体はメガ進化しません。そんなゲンガーのメジャーな型になりつつある滅ゲンについて今回は調整を考えました。HSベースの調整メガゲンガー 臆病 ...

ニンフィアに関しては眼鏡の調整(直リンク)を既に考えましたが、突撃チョッキの調整も考えました。特殊耐久は全ポケモンの中でも高い部類に入るので突撃チョッキを活かせるポケモンの一匹だと思います。どのくらい硬くなるのかというとH252振りニンフィア@チョッキの特殊 ...

レッドカードなにそれ?という人もいるかもしれませんが、レッドカードを持たせたユクシーの紹介です。第五世代で登場したアイテムですが効果が独特すぎてあまり普及しなかったアイテム。一応、コバルオン、ユクシー、エアームド等がレッドカードを持つポケモンとして有名。コ ...

壁張り型、瞑想型、まもみが型などいろんな型のバリエーションがあるポケモン。第六世代では10万やめざパなどの特殊技弱体化が厳しいが、電気タイプの電磁波無効や特殊技が弱体化することで瞑想が積みやすくなるなどのメリットもある。特に全抜きを理想とする瞑想型にとって ...

サンダーにとって特殊弱体化という逆風が厳しく、とりわけめざパの弱体化は痛い。さりげなく夢特性を避雷針から静電気に変えられるという嫌がらせもされた。しかし、電気タイプに電磁波無効という仕様変更がなされた強化点もある。これによりトゲキッスやナットレイに対して ...

ムウマージの進化前:ムウマの型紹介です。なんでムウマージではなく輝石ムウマを使うのかというと、輝石を持たせることでムウマージより高い耐久力を確保することができるからです。具体的に耐久力をムウマージと比較してみます。B特化ムウマの物理耐久指数(30728) D特化 ...

第五世代では話題にすらならなかったポケモンですが、第六世代では爆音波の習得、種族値の改変が施され話題になったポケモン。眼鏡、チョッキ、スカーフなどの型が考えられますが、今回はその中のスカーフ型での調整案を考えました。素早さは臆病にすることで、ゲッコウガ等 ...

第五世代でマルチスケイルを手に入れ活躍していたポケモン。今回は鉢巻での調整を考えるにあたって、第六世代における変化を説明してから調整案に入ろうと思います。第六世代におけるカイリューの変化・影響①フェアリータイプ爆誕・ラティオス、カイリュー、ガブリアス、キ ...

モロバレルと言えばダブルで猛威を奮うポケモンですが、今回はシングルで考えます。第六世代になり草タイプが胞子無効になったおかげでガッサに対して余裕をもって後出しすることが可能に。 自身が毒タイプであることから草タイプを呼びにくいことも評価点。しかし、防塵ゴ ...

第五世代の調整をそのまま流用して使うのが嫌だったので第六世代用の調整を考えました。第六世代では軒並み特殊技が弱体化されたのでスイクンも被害を受ける形になりましたが、零度を放つことの多いクラウンスイクンや特殊ポケを起点にしやすくなる瞑想スイクンは、悪影響ど ...

第五世代では持ち前の耐性を活かし、受けループで活躍していたポケモン。第六世代でも同じような型の活躍が見込まれると思います。今回考えたのはヒードランの火力を活かした眼鏡型です。元々後出しする性能は高いのですが、加えてフェアリー、ファイアロー、ギルガルドとい ...

このページのトップヘ