はじめに

blaziken
だいぶ前に紹介したバトンバシャーモのようなサポート型とは打って変わって、ATとして使う両刀バシャーモの紹介です。

salamence-mega
ギルガルド(盾)-色メガガルーラ
両刀かつめざ氷を搭載するメリットですが、何といっても後出ししてくるメガマンダに対してめざ氷で倒せる点が非常に良いです。
マンダだけでなくガブランドグライといった本来不利なポケモンで止まらなくなる点も見逃せない。
他にも特殊炎技を採用することでガルドを触れず倒せたりもします。

なおかつ、珠を持てばメガガルーラを確定1にするくらいの火力は維持できるので、格闘弱点のポケモンもしっかりと相手にできる。

blaziken-mega
ガブリアス
両刀にするなら珠ダメを受けないメガバシャの方がいいような気もするが、残念なことにメガバシャがC特化してもD4振りガブが倒せない確率が結構ある(35.16%)ので、ステロ構築とかでない限りはバシャーモに珠を持たせなければならないという理由があります(ガブを意識しないならメガバシャでもいいが)。

前置きはこの位にし両刀めざ氷バシャの調整に移りたいと思います。


調整案とダメージ計算

blaziken
バシャーモ 無邪気 @命の珠
実数値155-147-90-161-81-139
努力値A52 C244 S212(30-31-30-31-31-31)
確定技:馬鹿力or飛び膝蹴り 
めざ氷 オーバーヒート 守る 


火力調整

馬鹿力でH212B4振りヒードランを確定1(106.2%~126.4%)
馬鹿力でH252振りメガガルーラを確定1(102.8%~121.2%)
馬鹿力でH4振りゲッコウガ(単水想定)を確定1(100.6%~119.5%)
馬鹿力で図太いH4B252振りラッキーを低乱数1(86.1%~101.2%)
馬鹿力でB特化ポリゴン2を超高乱数2(58.3%~70.3% + 40.6%~48.9%)

飛び膝蹴りで図太いH4B252振りラッキーを中乱数1(93.2%~110.1%)
飛び膝蹴りでB特化ポリゴン2を確定2(62.5%~74.4%)

めざ氷でH252振りランドロスを高乱数1(97.9%~116.8%)
めざ氷でD4振りガブリアスを最低乱数以外一発(99.4%~119.1%)
めざ氷でH4振りメガボーマンダを確定1(103.5%~121.6%)
めざ氷でH212D4振りグライオンを確定1(114.6%~135%)

オーバーヒートでH252D4振りギルガルドを確定1(107.1%~127.5%)
オーバーヒートでH4振りメガライボルトを確定1(104.7%~125.3%)
オーバーヒートでH4振りメガゲンガーを最低乱数以外一発(98.5%~117.6%)
オーバーヒートでH252振りメガゲンガーが確定2(80.2%~95.8%)
オーバーヒートでH252振りサンダーを確定2(71%~83.7% + 35.5%~42.1%)
オーバーヒートでH252振りメガフシギバナを中乱数2(58.2%~71.1% + 30.4%~37.4%)

耐久目安

A特化メガガルーラの猫だまし+不意打ち+珠ダメを最高乱数以外耐える
↑猫だまし(31.6%~37.4%+15.4%~18%)、不意打ち(20.6%~24.5%+10.3%~12.2%)
A特化メガクチートの一舞不意打ち(74.1%~87%)+珠ダメを耐える
A特化マリルリのアクアジェット(73.5%~86.4%)+珠ダメを耐える

臆病C252振りメガゲンガーのヘドロ爆弾が低乱数1(89.6%~106.4%)
C4振りヒードランの大地の力確定2(81.2%~96.7%)
臆病C4振りメガゲンガーのヘドロ爆弾(77.4%~91.6%)+珠ダメを高乱数で耐える
C4振りサンダーの10万ボルト(60%~70.3%)+珠ダメ×3回を耐える


S調整

加速1回でスカーフ準速FCロトム抜き
加速2回でスカーフ最速ラティオス+11(準速の砂かきドリュウズとかでない限りは抜かれない)


調整の指標と雑記

garchomprotom-washメガガルーラ
Cはめざ氷でD4振りガブを最低乱数以外一発
Sは加速1回でスカーフ準速FCロトムを抜ける
Aは端数だがH252振りメガガルーラを確定1にできるくらいの火力
C特化してもガブに対する乱数が変動しないのでC244振り、S調整、余りAという内容。
Sについては他にも沢山の候補があるので、変更の余地があります。

heatranlandorus-theriansceptile-mega
例えばA12 C244 S252にすることで、初速でヒードランが抜け、加速一回で準速スカーフ霊獣ランドや最速メガジュカインが抜けるようになります(
その代わりにH4振りゲッコウガが馬鹿力で乱数になる)。

lopunny-mega
他にも加速1回で最速メガミミロップまでSを落とすなど、色々な調整が考えられるので自分が抜きたいと思うSまで振るといいでしょう。

porygon2heatran
格闘技についてはポリ2に自己再生で粘られたくない場合は飛び膝蹴り、命中率やヒードランの守るを意識するなら馬鹿力を選択することになるでしょう。



調整のライン

調整がすぐに決まったので今回はなし



おわりに

salamence-megaメガガルーラギルガルド(盾)-色
メガボーマンダ、メガガルーラ、ギルガルドといった比較的個体数の多いポケモンに強気でいけるようになるので、環境的には合っているのですが、耐久無振りかつ命の珠持ちなので後出し性能が低くメガバシャに比べると使い辛い印象を受けます。
なので、メガマンダがどうしても辛いPTや、メガ枠を消費せずにガルーラやギルガルドに強い駒が欲しいといった場合に採用することになります。



blaziken
このバシャーモに関して質問、疑問、感想、問題点、改善案、ミスの指摘等があればコメントでどうぞ。