ナットレイについて

ナットレイ
無駄のない種族値配分、優秀な特性、タイプの耐性など色々な面で恵まれているポケモン。
砂パと雨パの減少、めざパの弱体化、ラティの大幅な減少、悪・霊が鋼に等倍、粉系の技無効、叩き落すが実用的な技になるなど、ナットレイ自身と言うよりはナットレイ以外の変化が多い。

今回はそんなナットレイの基本型でもある食べ残しを持つ耐久型の紹介です。

追記:調整案を複数追加(2015.2/23)



調整案①とダメージ計算

ナットレイ
ナットレイ 腕白 @食べ残し
努力値H252 B68 D188
実数値181-114-176-×-160-40
確定技:やどりぎのたね 
パワーウィップ 守る
 
選択技
ステロ 叩き落す アイヘ ジャイロ(呑気最遅なら)etc


耐久調整

B11n調整(実数値:176

陽気メガミミロップの飛び膝蹴りを高乱数耐え(87.2%~103.8%)
陽気メガガルーラのグロウパンチ+地震を食べ残し×2回込みで耐える
↑グロウパンチ(17.6%~20.9% + 12.1%~15.4%)、地震(41.9%~49.7% + 20.9%~24.8%)
A特化メガギャラドスの4舞地震が確定2(80.6%~95%)
A特化メガクチートの一舞叩き落すが確定2(78.4%~92.8%)
ゲッコウガの珠けたぐり確定2(69%~81.7%)
A特化ファイアローの鉢巻ブレイブバードを食べ残し×2回込みで2耐え(46.4%~55.2%)
A特化キノガッサのテク二マッハパンチを食べ残し×1回込みで2耐え(44.1%~53%)
A特化霊獣ランドロスの地震が確定3(38.6%~46.4%)
補正なしA4振りギルガルドの聖なる剣が確定3(37.5%~44.1%)
A特化メガガルーラの地震が確定3(23.2%~27.6% + 11.6%~13.8%)

臆病化身ランドロスの珠力づく気合玉を高乱数で耐える(88.9%~104.9%)
控えめC248振りニンフィアの眼鏡めざ炎確定2(83.9%~99.4%)
臆病霊獣ボルトロスの珠気合玉確定2(80.6%~96.1%)
C特化ギルガルドのシャドーボール確定3(34.8%~41.4%)

火力目安

パワーウィップで腹太鼓後にオボンで回復したH228振りマリルリを確定1(76.4%~91.1%)
パワーウィップでBが1段階下降したH252振りマリルリを確定1(114%~134.2%)
パワーウィップでB特化ウォッシュロトムを確定2(57.3%~68.7%)
パワーウィップでH4振りギャラドスを中乱数2(45.6%~54.3%)
パワーウィップでB特化スイクンが確定3(40.5%~49.2%)
パワーウィップでB4振りガブリアス確定3(36.6%~43.1%)

ジャイロボール(威力:150)でH252振りメガサーナイト確定1(130.2%~154.2%)
ジャイロボール(威力:150)でH4振りゲッコウガ(格闘タイプ想定)を確定2(75%~89.1%)
↑鉄の刺+珠ダメ込みだと高乱数で倒せる
ジャイロボール(威力:139)でB4振りキノガッサ(S:122想定)を確定2(66.6%~78.5%)
ジャイロボール(威力:150)でH252振りメガゲンガーが確定2(58%~68.8%)
ジャイロボール(威力:91)でH252B236振りニンフィア(S:80想定)が確定2(50.7%~60.6%)
↑A特化メガマンダの捨て身耐えニンフィア
ジャイロボール(威力:150)でB4振りガブリアスを中乱数2(45.9%~54%)
ジャイロボール(威力:150)でH4振りメガボーマンダを確定3(38.5%~45.6%)
ジャイロボール(威力:150)でH4振りメガボーマンダを威嚇込みで確定4(25.1%~30.4%)

最遅ナットレイのジャイロボールは、対象のS実数値71以上からアイアンヘッドの威力:80を超え、S実数値132以上の相手に対しては威力:150になる。



調整案②とダメージ計算

ナットレイ
ナットレイ 腕白 @食べ残し
努力値H252 B148 D108
実数値181-114-187-×-150-40
確定技:やどりぎのたね 
パワーウィップ 
選択技
守る ステロ 叩き落す アイヘ ジャイロ(呑気最遅なら)etc


耐久調整

B11n調整(実数値:187

A特化メガクチートの炎の牙が超高乱数1(99.4%~119.3%)
A特化マリルリの2連続馬鹿力(60.7%~71.8% + 39.7%~47.5%)を食べ残しの回復×2で中乱数で耐える
陽気ガブリアスの2舞地震が中乱数1(91.1%~107.7%)
A特化マリルリの鉢巻馬鹿力が中低乱数1(89.5%~106%)
A特化ガブリアスの鉢巻炎の牙が低乱数1(86.1%~103.8%)
A特化メガガルーラのグロウパンチ+地震を食べ残しの回復×2かつ全て最高乱数を切って耐える

↑グロウパンチ( 18.7%~22% + 12.1%~15.4%)+地震(43.6%~51.3% + 21.5%~25.4%)
A特化メガボーマンダの一舞捨て身タックル確定2(84.5%~99.4%)
陽気メガガルーラのグロウパンチ+地震を食べ残しの回復×1で確定耐え
↑グロウパンチ(16.5%~19.8% + 12.1%~14.3%)+地震(39.7%~46.9% + 19.3%~23.2%)
メガミミロップの飛び膝蹴り確定2(82.8%~97.2%)
ゲッコウガの珠けたぐり確定2(77.3%~91.7%)
A特化マリルリのA6段階上昇じゃれつくが確定2(66.8%~79%)
A特化ガブリアスの鉢巻地震を食べ残しの回復×2で2耐え(46.4%~54.6%)
A特化ファイアローの鉢巻ブレイブバードを食べ残しの回復×1で2耐え(43.6%~51.9%)
A特化キノガッサのテクニマッハパンチが確定3(40.8%~49.7%)
A特化メガギャラドスの一舞地震が確定3(38.1%~45.3%)
A特化メガガルーラの地震が確定3(21.5%~25.9% + 10.4%~12.7%)

控えめC240振りニンフィアの眼鏡めざ炎が低乱数1(88.3%~106%)
↑上から乱数を5つ切って耐える
ゲンガーの珠気合玉が確定2(80.6%~95%)
C特化メガサーナイトの気合玉確定2(79.5%~93.9%)
C特化ギルガルドのシャドーボール確定3(37%~44.7%)
ゲッコウガの珠冷凍ビーム確定3(37.5%~45.3%)
控えめC236振りニンフィアの眼鏡ハイパーボイスが低乱数3(32%~38.1%)

火力目安

調整案①と同じなので上記参照


調整案③とダメージ計算

ナットレイ
ナットレイ 腕白 @食べ残し
確定技
:やどりぎのたね 
パワーウィップ 電磁波
選択技
守る ステロ 叩き落す アイヘetc


パターン①:メガガルーラ意識

メガガルーラ
努力値H252 A4 B68 D172 S12
電磁波込みで最速100族を抜けるようになる調整であり、電磁波を搭載するのであれば最低限度となるS。
調整はS調整、B11n、余り特殊耐久、Bのラインについては調整案①と同じ。


パターン②:ゲッコウガ意識

ゲッコウガ-色
努力値H252 A4 B68 D124 S60
電磁波込みで最速ゲッコウガを抜けるようにした調整。
調整の仕方はS以外パターン①と変わらない。


パターン②:メガゲンガー意識

gengar-mega
努力値H252 A4 B68 D100 S84
電磁波込みで最速メガゲンガーや一舞最速メガバンギを抜けるようにした調整、耐久とSの兼ね合いを考えればこの辺がS振りの限界になる。




調整の指標と雑記


調整案①について

メガガルーラsylveon
Bは陽気メガガルーラのグロパン+地震を食べ残し×2回込みで耐える。
Dは控えめC248振りニンフィアの眼鏡めざ炎耐え。
特殊ポケに出す機会が多いのでDに厚めにしたいが物理耐久もしっかりと欲しい場合の調整。


調整案②について

lopunny-megaメガガルーラゲンガー
Bはメガミミロップのタイプ一致飛び膝を耐えたり、陽気メガガルーラのグロウパンチ+地震を食べ残しの回復×1で確定耐え、A特化メガガルーラのグロウパンチ+地震を食べ残しの回復×2かつ全て最高乱数を切って耐えるくらい。
Dは端数だが不一致気合玉なら大抵耐えるくらいの耐久を保持している。
物理にかなり厚めに振ってある。


調整案③について

メガガルーラゲッコウガ-色gengar-mega
これについての指標は調整案③の中で説明したので指標については省略。
全部S調整、H252B68振り、余りSにしてあるがBから調整に入らずとも、Dから調整に入るなり、Bをもう少し厚めに振る調整のやり方でも良い。


調整のライン


Bライン

補正なしH252振りでA特化マリルリのA6段階上昇じゃれつく確定2(82.8%~97.7%)
補正ありH252B124振りでメガミミロップの飛び膝蹴り確定2(83.9%~99.4%)
補正ありH252B148振りで一舞メガボーマンダの捨て身タックル確定2(84.5%~99.4%)
補正ありH252B244振りでA特化マリルリの鉢巻馬鹿力確定2(83.9%~99.4%)
補正ありH252B252振りで陽気ガブリアスの鉢巻地震を最高乱数以外2耐え(41.9%~50.2%)
補正ありH252B252振りでA特化マリルリの馬鹿力を食べ残しの回復×2で2連耐え(56.3%~66.2% + 37.5%~44.1%)

Dライン

補正なしH252振りでC特化ギルガルドのシャドーボール確定3(41.4%~48.6%)
補正なしH252振りで臆病C252振りメガゲンガーの気合玉確定2(81.7%~97.2%)
補正なしH252振りでC4振りヤドランの大文字確定2(83.9%~99.4%)
補正なしH252D4振りでゲッコウガの珠冷凍ビーム確定3(41.4%~49.7%)
補正なしH252D44振りでC特化メガサーナイトの気合玉確定2(83.9%~99.4%)
補正なしH252D76振りでラティオスの珠めざ炎確定2(80.6%~97.7%)
補正なしH252D188振りで控えめC248振りニンフィアの眼鏡めざ炎確定2(83.9%~99.4%)
補正なしH252D244振りでC4振りメガヤドランの大文字が確定2(83.9%~99.4%)

Sライン

補正なしS12振り(実数値42)で麻痺状態の最速メガガルーラ抜き
補正なしS60振り(実数値48)で麻痺状態の最速ゲッコウガ抜き
補正なしS84振り(実数値51)で麻痺状態の最速メガゲンガー抜き

おわりに

ナットレイ
流し性能が非常に高いポケモンなので宿り木、ステロ、叩き落すとの相性が非常に良い。
ナットレイは起点にされやすいのと、炎・格闘タイプをメインで使ってくる相手が無理なのでそれをどうするかが難点だが、それさえPTでカバーできれば活躍できます。
なので後続はアロー、ハッサム、メガルカリオ、バシャなどに強いポケモンを組ませてあげましょう。

zapdosmanectric-megaギャラドス
ロトム水slowbro-megaaltaria-mega
例をいくつか挙げるならハッサムアローに強めでボルトチェンジによるサイクル回しが可能なサンダーやメガライボルト、炎・格闘を半減に耐久もあり威嚇でサイクルを回しやすいギャラ、炎に強くボルチェンでサイクルを回しやすいWロトム、炎格闘に強くて物理であればありとあらゆるものを数値受けできるメガヤドラン、炎・格闘を半減にでき羽休めでサイクル戦に持ち込みやすいメガチルタリスなどと相性がいいです。

ギャラドスmanectric-megaナットレイ
上記の相性良いポケモンの中でもギャライボルトナットの組み合わせは有名ですね。
このナットレイに関して質問、疑問、感想、問題点、改善案、ミスの指摘等があればコメントでどうぞ。