周回用メモ





ヒードランの厳選

ヒードラン
120番道路にある日照りの岩戸に出現する準伝。
どくまも型を使っても、ATとして使っても強いのでなるべく優秀な個体を捕まえたい。
ドランの性格候補は臆病、控えめなどがありますが、今回は臆病を想定した内容です。


◎必要なもの
・波乗りを覚えたポケモン
・シンクロ用のポケモン
・S判定用のポケモン(S実数値がSVのヒードラン-1)
・H判定用のポケモン(H実数値が166で痛み分けを覚えるポケモンなど)
・その他必要なポケモン(捕獲用ポケモンなど)


タブンネraltssableyesmeargle
波乗りを覚えたポケモン(タブンネなど)を連れて行かないと、日照りの岩戸にたどり着けないので必須。
シンクロは希望性格のもの、HS判定は痛み分け、命懸け、ナイトヘッドなど多数の方法があるので自分が用意しやすいものから選ぶといいでしょう。


◎捕獲するポケモンの例

ralts
sableye
例1:ラルトス+ヤミラミ
希望性格のシンクロポケモン、ナイトヘッドを覚えたSVドランS-1かつLv82のヤミラミという組み合わせ。
瀕死のラルトスを先頭に配置、ドランと戦闘する時にヤミラミがナイトヘッドを選択してドランが先に動いたらSV、ナイトヘッドでHPが緑ゲージならHVと判別できるため1ターンでHSVの判定が可能。
臆病なら投げつけるで判定しなくても大体絞れるので良いのですが、控えめの場合はフィラの実を投げつけて性格を判定した方がいいです。

gardevoir
accelgor
例2:サーナイト+アギルダー
自己退場可能なSVドランS-1のシンクロ、H165かつS107以上の命懸けを覚えたアギルダーという組み合わせ。
サーナイトが置き土産でSVでないとわかればリセット、命懸けでヒードランが倒れたらHVでないことがわかるのでリセットを行う。
この方法を行うとドランのHP残量が1になるので捕獲に向いています。



◎厳選までの流れ(例1の場合)
1.ヒードランが回収可能になるまでストーリーを進める
2.日照りの岩戸に行くために波乗りポケモン、厳選用ポケモンを確認
ralts

3.シンクロ用のポケモンを死なせて先頭に置く
ralts
sableye
4.二番目にHSV確認用のポケモンを置く
5.洞窟の奥に金の輪っかが浮いているのでその直前でレポート
6.金の輪っかの前でAを押し、戦闘をしてHSV等を確認して捕まえる
7.希望個体なら終了、そうでないならリセットする



◎備考
・臆病ヒードランのVorUの実数値は166-99-126-150-126-106
・事前にヒードランを図鑑登録しておくと、捕まえた時に説明がでないので時間短縮になる



ヒードラン
時間や曜日の制限なし、無限の笛を使わない、特殊なイベントがないなど、この捕獲のしやすさを他の準伝も見習って欲しい。


ヒードランの厳選が終わった人はライコウの厳選もどうぞ
⇒http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/42248156.html