霊獣ボルトロスについて

thundurus-therian
シングルよりはローテーションでたくさん見るポケモン。
特攻種族値が145と非常に高く、素早さ種族値が101と高め、タイプが優秀、特性:蓄電など、
単体のスペックはそこそこ高い、その中でも取り分け特攻の高さが特徴。
火力が高いおかげで強化アイテム無しのめざ氷でガブリアスを粉砕できる。

いのちのたまこだわりメガネオボンのみ
持ち物のバリエーションも豊富で、スカーフ、珠、眼鏡、オボン、チョッキなど様々。
アタッカー向きの種族値であるためその特徴を活かせるようなアイテムが多い。
今回はスカーフを持たせた霊獣ボルトロスの調整を紹介します。


調整案とダメージ計算

thundurus-therian
ボルトロス 控えめ @こだわりスカーフ
実数値155-×-114-211-100-134
努力値①:H4 B192 C212 S100(31-×-30-31-31-31)

努力値②H4 B188 C212 S104(31-×-31-31-31-30)
確定技
ボルトチェンジ 10万ボルト めざ氷 
気合玉 

確定技にめざ氷があるので個体値はめざ氷個体想定です。
PTによっては10万を雷に、気合玉を草結びにということも考えられますが、
上記の技のみを考えて調整したので他の技は推奨しません。

火力調整

ボルトチェンジでH252振りファイアローを確定1(101.6%~121%)

ボルトチェンジでH4振りゲッコウガを確定1(125.6%~147.2%)

10万ボルトでH252振りのマリルリを確定1(104.3%~122.7%)
10万ボルトでD4振りのメガリザードンYを確定1(103.2%~122.8%)

10万ボルトでH252振りメガゲンガーを確定2(55.6%~66.4%)
10万ボルトでH252振りメガハッサムを確定2(50.8%~59.8%)
10万ボルト(69.2%~81.4%)+フレドラの反動ダメで意地っ張りASぶっぱのメガバシャーモを高乱数で倒す

めざ氷でH4振りガブリアスを確定1(100%~119.5%)

ボルトチェンジ(17.6%~21.2%)とめざ氷(80.8%~96.9%)でH252振りマルスケカイリューを大体倒す
ステロ+めざ氷(80.8%~96.9%)でH252振りカイリューを倒す

気合玉でH4振りサザンドラを確定1(103.5%~122.6%)
気合玉でD4振りメガバンギラスを確定1(102.8%~123.4%)
気合玉でH252振りバンギラスを確定1(102.4%~121.7%)
気合玉でメガガルーラを低乱数1(87.2%~103.8%)
気合玉でH252振りの輝石ポリゴン2を確定2(58.3%~68.7%)
気合玉でD特化ナットレイ確定2(57.4%~68.5%)

耐久調整

A特化ファイアローの鉢巻フレアドライブ確定2(
83.8%~99.3%)
A特化ファイアローの鉢巻ブレイブバード確定3(41.9%~49.6%)
A特化ガブリアスのストーンエッジが低乱数1(86.4%~101.9%)
↑上から乱数を二つ切って耐える
A特化マリルリの滝登り(
58%~68.3%)+アクアジェット(29%~34.8%)を高乱数で耐える
A特化メガバシャーモのフレアドライブが低乱数1(89%~105.1%)
↑上から乱数を五つ切って耐える

C無振りクレセリアの冷凍ビームを最高乱数以外2耐え(
42.5%~50.3%)
冷静HCぶっぱギルガルドのシャドーボール(
65.8%~77.4%)+影打ち(21.9%~27%)を高乱数耐え
臆病Cぶっぱメガゲンガーのヘドロ爆弾(72.2%~85.8%)+毒ダメを確定耐え
C特化サザンドラの流星群が中乱数1(
91.6%~108.3%)

S調整

スカーフ込みで最速メガゲンガー抜き


調整と指標の雑記

garchompファイアロー-色マリルリcharizard-megaygengar-mega
Cはめざ氷でH4振りガブ確1を指標として振り、その副産物としてボルトチェンジでH252振りアロー確1、10万ボルトでH252振りマリルリ確1、D4振りメガリザYを確1などを実現。
BはA特化ガブリアスのエッジを高乱数耐え、鉢巻ファイアローに対して一回だけ後出しができるまで振ることで仮想敵であるガブ、アローに対して更に強くなることが可能になった(本当はガブのエッジのためにもう少し振るべきだが努力値が足りないため断念)。
Dは努力値配分の関係上振ることができなかったという理由からほぼ無振り。
Sは最速ゲッコウガ抜きが最低限あればいいと思ったが、メガゲンガーより速く動けることで対面で突破可能になるため最速メガゲンガー抜きまで振った。

簡潔に上記のことをまとめると、

garchompファイアロー-色gengar-mega
Cはめざ氷でH4振りガブ確1
BはA特化ガブのエッジを高乱数耐え、鉢巻アローの鉢巻フレドラ確定耐え
Dは特になし
Sは最速メガゲンガー抜き

になります。

調整のライン


Cライン

補正なしC28振りのボルトチェンジでH4振りゲッコウガを確定1(101.3%~118.9%)
補正なしC116振りの気合玉でH244振りの輝石ポリゴン2を確定2(50.2%~59.6%)
補正なしC164振りの10万ボルトでH252振りメガゲンガーを確定2(50.2%~59.2%)
補正ありC132振りの気合玉でD4振りのメガバンギラスを確定1(100.5%~118.8%)
補正ありC156振りの気合玉でH4振りのサザンドラを確定1(100%~117.8%)
補正ありC172振りの10万ボルトでH252振りマリルリを確定1(101.4%~119.8%)
補正ありC172振りの気合玉でH252振りバンギラス確定1(100.4%~119.8%)
補正ありC180振りのボルトチェンジでH252振りのファイアローが確定1(100.5%~117.8%)
補正ありC188振りの10万ボルトでD4振りメガリザードンYを確定1(101.9%~121.5%)
補正ありC204振りの10万ボルトでH252振りのメガハッサム確定2(50.8%~59.8%)
補正ありC212振りのめざ氷で無振りガブリアスを確定1(100.5%~120.2%)

Bライン

補正なしH68振りで陽気ガブリアスの逆鱗確定2(83.4%~99.3%)
補正なしH196振りでA特化ガブリアスの逆鱗確定2(84.3%~99.4%)
補正なしH212振りで陽気ガブリアスのストーンエッジ確定2(83.9%~99.4%)
補正なしH244B36振りでA特化ファイアローの鉢巻ブレイブバード確定3(42.1%~49.7%)
補正なしH244B52振りでA特化ガブリアスのストーンエッジ確定2(84.3%~99.4%)

Dライン

補正なしH228D20振りでゲッコウガの冷凍ビーム確定2(83%~99.4%)


おわりに

thundurus-theriangarchomp
第五世代のスカーフ霊獣ボルトはめざ氷で無振りガブ確定1、準速スカーフガブ抜き、陽気ガブリアスのエッジ耐えという振り方が主流でしたが、第六世代でめざパのダメージ下降により今までのような運用の変更を余儀なくされました。

この調整で運用したらわかりますがBCSという振り方なので特殊方面の方は脆いです。
かといってどこも妥協できないのでやむなくこのような振り方になりました。
もっといい調整があれば教えて下さい。

この霊獣ボルトロスに関して質問、疑問、感想、問題点、改善案、ミスの指摘等があればコメントでどうぞ。