鉢巻がメジャーな型なのですが、その次に多いゴツメ型の紹介です。
単純に面白そうなので一度は使ってみたいと思い、調整を考えました。


ゴツメファイアローとは?

ファイアロー-色
ファイアローって言ったらアタッカー一択だろ?という人のために説明します。
知ってる人は調整案へ、長い文章を読みたくない人はすぐ下に3行でまとめたのでそれを見てください。
ゴツメを持つファイアローで何をやるかと言ったら、当然ながら物理受けを担当することになります。
しかし、種族値の関係から数値受けできるポケモンではないので対面かタイプ相性で受けることになり、
後出しがしにくいという点から考えればクレセやバルジーナ等に劣っていると言える。
ですが、挑発を搭載することでダメージソースが毒々等に限られるポケモンに役割を持つことができるのです。
たまに鉢巻とゴツメを単純に比較してどちらが強いかを論じている人がいますが、
同じポケモンでありながら役割が全く異なるので単純比較できるものではないと思います。

↓長いので3行でまとめました。

ゴツメファイアローは物理受けがメインの仕事ですが、
Bに振っても柔らかいので一部のポケモンを除き対面や死に出し限定になります。

しかし、挑発を搭載することで火力の低い耐久ポケモンに強くなること可能です。

説明は終わりです、以下は調整案に移ります。

挑発搭載のHBベースの型
ファイアロー-色
ファイアロー 陽気 @ゴツゴツメット
実数値185-101-115-×-89-170
努力値H252 B188 S68
確定技:ブレイブバード 羽休め 鬼火 挑発

耐久目安

陽気メガガルーラの恩返しを鬼火状態で確定3(24.3%~29.1%+12.9%~15.1%
A特化メガガルーラの恩返しを鬼火状態なら確定3(26.4%~31.3%+13.5%~16.2%
A特化メガガルーラの猫だまし(21%~24.8%+10.2%~12.9%)と鬼火状態の捨て身タックル(31.3%~37.2%+16.2%~19.4%)を確定耐え
陽気ガブリアスの鉢巻逆鱗を鬼火状態なら低乱数2(43.7%~51.8%
陽気ガブリアスの岩石封じを鬼火状態なら確定3(38.9%~47.5%
陽気メガルカリオのA4段階上昇神速確定2(83.2%~98.3%
タイプ一致イカサマが確定4(25.9%~30.8%
A特化テクニガッサの岩石封じとマッパを鬼火状態なら耐える(64.8%~77.8%+8.1%~9.7%

C無振りクレセリアのサイコキネシスが低乱数3(29.7%~35.6%
C無振りクレセリアのサイコキネシスをD1段階下降の状態で低乱数2(44.3%~52.4%
C4振りヒードランの噴煙が確定5(20.5%~24.3%
臆病トゲキッスのエアスラッシュが低乱数2(44.3%~52.4%

火力目安
ブレイブバードでH252振りのメガヘラクロスを確定1(109%~130.4%
ブレイブバードでH4振りバシャーモ高乱数1(97.4%~116.6%

ブレイブバードで補正なしH252振りのメガフシギバナを確定2(52.4%~62%
ブレイブバードで補正ありH236B252振りのエルフーン確定2(55.7%~66.6%

S調整
最速ガブリアス抜き

ガブリアス
最速ガブ抜き、Hぶっぱ、残りBという調整になっています。
テンプレは16n-1調整のH172B252みたいな振り方にするらしいですが、
今回Hぶっぱにしたのは単純に16n-1と比べて特殊耐久が上昇するからです。
定数ダメを気にするならSの上昇も兼ねてH172 B252 S84でいいんじゃないでしょうか。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


Bライン
補正なしH252B60orH28B252振りで鬼火状態の陽気メガガルーラの恩返しが確定3(27.5%~32.9%+13.5%~16.7%
↑最低限のBであり耐えることができなければ陽気メガガルーラを相手にできなくなってしまう。

Sライン
補正あり68振りで最速ガブリアス抜き
補正あり132振りで最速110族、準速ファイアロー抜き
補正あり180振りで最速エルフーン抜き

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


ゴツメファイアローが相手にできる耐久ポケモン

ゴツメファイアローの説明の中で耐久ポケモンに強くなれると明記しましたが、
具体的にどのような耐久ポケモンに強くなれるのかをリストアップしておきます。
ラッキーグライオンクレセリアエアームドバルジーナ
挙げればキリがないのですが主な耐久ポケモンは、輝石ラッキー、ポイヒグライ、
ゴツメクレセリア、ゴツメエアームド、ゴツメバルジーナなどが該当します。
グライオンはハサミギロチンがあったら対処が難しくなり、
クレセリアはサイコキネシスでDを下げられると受けきれなくなるので、
必ずしも上記のポケモン達を絶対倒せるというわけではないです。
見てもらったらわかるように鉢巻ファイアローでは厳しい相手を突破できるようになるので、
アタッカーのファイアローだと思い後出ししてきた相手を返り討ちにすることが可能になります。
ゲッコウガ-色
しかし、耐久に大幅な努力値を割き、なおかつ強化アイテムを持てない関係上、
本来倒せるはずの耐久の低い速攻AT(珠ゲッコウガ等)を対面で倒せなくなるので、
この型がメリットだけではない(ATとしての役割はなくなる等)ということだけは覚えておきましょう。
ファイアロー-色
私は鉢巻ファイアローばっかり使っていたので始めてゴツメファイアローを使った時は、
動き方が全然違うので別のポケモンのようにも感じました。

このファイアローに関して質問、疑問、感想、問題点、改善案、ミスの指摘等があればコメントでどうぞ。