スカーフノオーにはCSベースやASベース、両刀型などが存在しますが、
今回は上記に書いた全ての型を紹介します。

スカーフの共通した利点としては、
①砂ガブを上から潰せること
②ボルトロスの蜻蛉orボルチェンを許さない
③絶対零度の試行回数が増える
主なもので以上の3つですかね。

以下は調整の具体的な案

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
テンプレその1
460f
CSぶっぱのユキノオー せっかちor臆病 
C252D4S252
技構成
吹雪 ギガドレイン 絶対零度 草結びorエナボorいわなだれor地震

火力目安
吹雪でラティオスを高乱数1(97.4%~115.4%
吹雪でH4振りカイリューをマルスケ込みで高乱数1(98.2%~116.2%
草結びでHぶっぱスイクン確定2(58.0%~69.6%
ギガドレインで水ロトム確定2(62.4%~73.8%

S調整
スカーフで最速115族抜き

めざ炎も考えましたがハッサムのバレパンを防ぎきれないので諦めました。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
テンプレその2
460f
ASベースのユキノオー せっかち 
A236C20S252
技構成
吹雪 ウッドハンマー 絶対零度 地震or岩雪崩

火力目安

吹雪でH4振りボルトロスを確定1(100.6%~120.0%
ウッドハンマーでH252振り水ロトムを高乱数1(96.8%~115.9%
岩雪崩でH244振りウルガモスを確定1(100.5%~119.4%
地震でH212ヒードランを中乱数1(89.1%~105.7%

S調整
スカーフで最速115族抜き

A236なのはA252でもH252振り水ロトムに対する確定数が変わらないからです。
特殊ポケモンに出す機会が多いので無邪気ではなくせっかち。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
460f
雨+竜メタ用のユキノオー 臆病 
C188D84S236
技構成
吹雪 ギガドレイン 絶対零度 草結びorエナボorいわなだれor地震

火力調整
吹雪でH4振りラティオスを霰ダメ込みで高乱数1(92.3%~109.0%
吹雪でH100振りボルトロスを確定1(111.4%~130.5%
吹雪でH84振りのキングドラを確定2(50.3%~59.6%
ギガドレインでH4振りのキングドラを高乱数3(31.7%~37.9%

耐久調整
キングドラの珠流星群を高乱数耐え(85.5%~102.4%
キングドラの眼鏡ドロポンを高乱数2耐え(42.4%~50.3%
意地っ張りガブリアスの逆鱗を高乱数耐え(87.2%~102.4%

S調整

最速ボルト抜き

トノグドラの並びも見れるのはもちろんのこと、蜻蛉を持っているボルトロスを見れるのも特徴。
しかし努力値が足りない、全然足りない。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
460f
両刀のユキノオー せっかち
H4A204C60D4S236
技構成
吹雪 ウッドハンマー 絶対零度 岩雪崩

火力調整
ウッドハンマー(95.5%~112.1%)+霰ダメで水ロトムを確殺
吹雪でH100振りボルトロスを高乱数1(
98.2%~116.2%
岩雪崩でウルガモスを高乱数1(96.3%~115.2%


S調整

最速ボルト抜き

AとCの兼ね合いをいろいろ考えた結果このような振り方になった。
Cに68振らないのはC60でもボルトロスに対する確定数が変わらない為。
やっぱり努力値が足りないが一番しっくりときた調整。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

今回調整して思ったのは、何かを倒そうとすると何かが倒せなくなるジレンマに陥ります。

例えば、ウドハンで水ロトムを倒したいけど吹雪でラティオスも倒したいと思っても
Sにほぼ全振りしないといけないのでどちらかを諦めることになります。
スカーフノオーの調整でAS特化やCS特化が多いのはこの理由からだと思います。

↓スカーフで有利になる役割対象

479-wash642642-therian
①本来ユキノオーより早いボルチェン持ち
637286
②先手で弱点をつくことで倒せる本来不利な相手
113488202
③超耐久(絶対零度)
445f
④砂ガブを上から潰せる(剣舞ダブチョで死ぬことがなくなる)